• ガス料金を安くする方法

    ガス料金は主に都市ガスかプロパンガスが多いです。
    また、ガスを同じ量だけ使用した場合基本的に都市ガスは7064円に対しプロパンガスは12916円程かかります。
    なぜプロパンガスが高いかというと人件費がかかります。毎回ガスの販売員がガスボンベを設置する必要があるためです。
    同時に運送費もかかります。また、供給設備費用という物があり供給設備に必要な経費をガス屋が負担する為ガス料金に上乗せしている状態です。


    また、どこのガス会社が得かをプランを見積もる料金趣味レーションもあるので活用してみるのも良いです。

    気になるガス料金が話題になっています。

    大体の場合は現在の契約ガス会社と契約プランと使っているガス料金を入力すると表示される場合が多いです。また、北海道地域のみプロパンガスのセット割という物もありますし都市ガスとセット割という物がある地域もあります。

    主に東京電力と関西電力と九州電力エリアが対象です。



    また、ガス自由化でガス料金が下がる原因として実質的な値段を下げる方法もありますが付加サービスを利用するのも良いです。
    例えば電気とガスを同じ会社で頼むと、6%前後安くなる会社や電力の契約の電流を上げてもらうと安くなる会社もありますし、一部ポイントカードのポイントを付与してくれるサービスもあるのでよく使うポイントだとお得です。
    また、他の特典としてガソリンが1Lあたり10円引きやインターネットのプロパイダー料金を割引するサービスがある会社もあります。